当科の特徴

当科では、主に以下の分野の診断・治療を行っています
  1. 1. 分娩(お産)などの周産期医学
  2. 2. 卵巣のう腫・子宮筋腫・生理痛・不正出血・不妊症・更年期障害など婦人科疾患全般
  3. 3. 子宮脱などの女性骨盤臓器脱、尿失禁・過活動膀胱などの女性下部尿路疾患

妊婦健診では毎回超音波検査を行い異常の早期発見に努めます。日本周産期新生児学会認定の周産期専門医、および日本超音波学会認定の超音波専門医が常勤していますので、妊娠中の異常や胎児形態異常が疑われた場合でも速やかな精密検査が可能です。 分娩に関しては産婦人科医が24時間体制で必ず常駐し分娩に当たります。さらに、帝王切開、吸引分娩、鉗子分娩などすべての急速遂娩に際して小児科医が24時間体制で立会い、安全を期しています。 なお、帝王切開術後・子宮筋腫術後・骨盤位・多胎などは原則として帝王切開による分娩となります。 婦人科疾患に関しては、一般的な手術のほか、腹腔鏡手術・子宮鏡手術など患者さんへの負担が少ない手術を行っています。 また更年期障害に対するホルモン補充療法や漢方療法を行っています。 さらに、緊急避妊薬の処方にも対応しています。 子宮脱などの女性骨盤臓器脱(性器脱)については、ペッサリー(リング)や骨盤底筋トレーニングなどによる保存的な治療のほか、メッシュを用いた手術(TVM手術)を行っています。 また尿失禁・過活動膀胱などに対する薬物療法を行っています。 さまざまな心配ごとがあっても産婦人科というと敷居が高くて、という方も多いと思います。 でも、ご自分のため、ご家族のために、少しだけ勇気を出しませんか?ご気軽に受診していただけるようにアットホームな雰囲気でお迎えいたします。

産婦人科病棟見学のご案内(予約制)

練馬光が丘病院 産婦人科サイト

診療科・部門一覧へ戻る