当科の特徴

当科は、2021年9月に新設いたしました。血液疾患、特に造血器腫瘍に特化していきたいと考えております。今後、東京都区西北部医療圏、特に練馬区の造血器腫瘍の治療に貢献できればと考えております。
血液疾患は発症頻度が少ないこと、治療も難しい点もありますが近年の治療の進歩はめざましく治療成績は確実に向上しております。それだけではなく、生活の質を考慮した治療法も選択できるようになってきています。
このことから、患者様と話し合った上で治療を決定していくことがますます重要になっていくのではないかと考えております。
急性・慢性白血病、悪性リンパ腫および多発性骨髄腫に対する化学療法を得意としておりますが、ほかの疾患につきましても万全の体制で治療を行っています。いつでもお気軽にご相談ください。

診療体制

外来患者さんの診療は、水曜日以外は毎日血液科医師が外来を担当しています。
入院が必要な患者さんについては5階西病棟で診療しています。ひとりの患者さんに対して複数名の医師が担当する体制で診療させていただいています。
また、週に1回開催される診療カンファランスでは、血液内科医師全員で治療方針の検討を行っています。
また、白血球減少時の管理は、ヘパフィルターが装着された準無菌室を用いたうえで、必要な部分だけを重点的に対策することによって、患者さんが過剰な精神的負担を感じることなく安全にできるように工夫しています。

治療方針

正確に診断することを心がけています。そのために、血液検査、骨髄検査、リンパ節生検、CT検査などのさまざまな検査を行うことがあります。
もちろん検査は必要な最低限なものにとどめております。診断の確定後は、エビデンスに基づいて治療法を考え、さらに、それぞれの患者さんの病状などに照らし合わせて、最適な治療法を選択します。
その過程には患者さんやご家族のご希望を伺うことが重要ですので、治療法の選択のために、ご相談のお時間をいただくことがありますが、ご協力をお願いいたします。

得意分野

造血器腫瘍に対する化学療法を数多く手がけてきました。特に急性骨髄性白血病、慢性骨髄性白血病、悪性リンパ腫に対して標準的な化学療法を行い、造血幹細胞移植療法が必要と判断した場合には速やかに大学病院などにお願いしております。
また、多発性骨髄腫に対しては、エビデンスに基づいた治療法を行っております。若年者の多発性骨髄腫患者さんは、来年度に新病院に移行した際には自家末梢血幹細胞移植を行う予定ですが、本年度中は東京北医療センターと連携していきます。

診療科・部門一覧へ戻る