当科の特徴

内視鏡検査は苦痛のない検査法、意識下鎮静法を行い安全に合併症なく行っています。 上部、下部の同日検査も積極的に行っています。以前は検査終了後、腹満感が強く出る場合が有りましたが、二酸化炭素を用いることで不快感は殆ど認められなくなりました。二酸化炭素は早期がんの内視鏡手術など長時間の手技に安全に用いられているものです。

治療については消化管早期がんに対する内視鏡治療(粘膜下層剥離術、ESD)を始め、ERCP関連手技も積極的に行っています。ESDは食道から胃、大腸まで安全に行うことが可能です。 静脈瘤に関しては食道静脈瘤治療にはEVL+EISを行い短期間で退院可能とし、胃静脈瘤にはBRTOを行っています。 消化器内科部門として患者さん、近隣の先生方皆さんに安心して、信頼してご利用頂けることを目指して診療しております。

診療科・部門一覧へ戻る