当科の特徴

当科では、主に以下の分野の診断・治療を行っています。

 白内障
ご高齢の方や、何らかの全身疾患をお持ちの方が多いので、一泊二日もしくは、二泊三日の入院で手術を行っております。
 緑内障
視野検査による経過観察、OCT(網膜三次元解析装置)での視神経の評価、薬物療法を行います。
 糖尿病網膜症
眼底の血管造影、レーザー光凝固、OCTによる網膜浮腫の評価などが可能です。

そのほか、斜視・弱視への対応、お子様の視力検査、めがね処方など。
ものもらいなど外来の小手術も行います。現在は準備中ですが、今年中にはまぶたの手術(眼瞼下垂、逆さまつげ)なども可能になる予定です。
当科で治療可能かどうかお知りになりたい病気はお問い合わせください。

診療科・部門一覧へ戻る