当科の特徴

脳血管障害・頭部外傷・脳腫瘍・機能的疾患(てんかん等)・脊椎脊髄疾患・水頭症・先天奇形等が、当科の診療対象疾患です。

当科診療方針は以下の通りです。

 ①対象疾患全般にわたり地域患者様の相談窓口となります。

 ②対象疾患に対して標準的治療を効率的にご提供できるよう努力します。

 ③当科で対応困難な場合は、然るべき医療機関に速やかにご紹介します。

 ④当科で対応できる疾患を増やすべく、日々研鑽を重ねます。

脳梗塞・脳出血・くも膜下出血等脳血管障害に対して、手術・カテーテル治療・内科的治療を行います。

頭部外傷に対して頭蓋内圧管理を中心とした積極的な手術療法を行います。

脳腫瘍に対しても手術療法を積極的に行い、放射線治療が必要な場合には他医療機関と連携します。

標準的治療が治療の要となりますが、患者様の状況に応じて適宜最善最適治療をご提案します。更に患者様の家庭復帰や社会復帰に向けて、リハビリや医療・福祉連携も積極的に実践します。

当科は帝京大学脳神経外科の関連施設です。外来診療や手術支援を中心に帝京大学脳神経外科(松野彰教授)のご協力を得ております。

診療科・部門一覧へ戻る