当科の特徴

脳神経外科は、脳疾患に対する外科治療を中心に診療します。

頭痛・めまい・物忘れ・意識障害・言語障害・運動障害(手足の麻痺や歩行障害)・感覚障害(手足のしびれ)・けいれん発作・手指の震え等、脳に由来する症状のある患者様が対象です。

疾患としては、脳卒中(脳出血、脳梗塞、くも膜下出血など)、頭部外傷、脳腫瘍、脳膿瘍、中枢神経系奇形などを担当します。脳出血は、主に高血圧に関連した脳実質内血管の破綻により生じます。出血により頭蓋内圧が高くなった場合には、圧を下げる治療が必要となり、ときに血腫除去といった手術療法を考慮します。
脳梗塞は、脳血管が閉塞することにより生じます。内科医師と連携しながら、急性期の血栓溶解療法や血栓回収療法を試みます。脳梗塞の原因となる脳血管狭窄病変に対して、脳梗塞再発予防のための手術を考慮します(頸動脈内膜剥離術や頸動脈ステント留置術)。
くも膜下出血は、もともと存在していた脳動脈瘤が破裂して生じます。脳動脈瘤再出血防止のための手術療法(脳動脈瘤クリッピングや脳動脈瘤コイル塞栓術)を行い、そののち急性期管理を継続します。
頭部外傷では、脳が損傷したり、頭蓋内に出血がおこります。ときに頭蓋内圧が高くなることがあり、圧を下げる治療が必要となり、ときに手術療法を考慮します。また脳損傷により脳波が乱れて「てんかん発作」が出現することがありますので、てんかん治療(てんかん発作予防治療)にも努めます。頭部外傷にはしばしば他臓器損傷が合併しますので、当該科と連携して治療をすすめます。
脳腫瘍には、脳由来のものと、転移性脳腫瘍があります。当施設には放射線治療施設がなく、脳腫瘍治療方法は限定的になりますが、当院で可能な治療は速やかに実施し、必要に応じて然るべき医療機関をご紹介します。
いずれの疾患に対して、他施設と遜色のない標準的治療を遂行できるよう努力する次第です。

また脳神経外科の担当する疾患の中には、長期の療養を余儀なくされたり、社会的問題が生じるケースも多く存在しますので、発症早期よりリハビリテーション科やソーシャルワーカーと連携します。

診療科・部門一覧へ戻る