消化器センターの診療内容

消化器疾患には、食道、胃、肝臓・胆道・膵臓、小腸・大腸・肛門、などの様々な臓器の疾患がありますが、それぞれ診断から治療に至るまで個々の患者さんの状態に応じた適切でかつ高度な判断が必要とされます。

このようなニーズに応えるべく、当院で新たに消化器センターが発足致しました。

特に消化器癌におきましては医療の進歩により、患者さんにとってより侵襲が少なく、かつ十分な治療を選択できることが出来るようになり、ますます内科・外科の一貫した診断と適切な治療選択、及び優れた技術による内視鏡治療や腹腔鏡外科治療を施行する必要性が高くなってきました。

このような状況もあり当センターでは、内科と外科が一体となって最適な診断と治療が行われる体制を準備致しました。

肝炎、胆石症、膵炎、炎症腸疾患などの良性疾患の領域でも、内科・外科を通じて専門的な治療を行うことが出来ます。

また、日本消化器病学会、日本消化器外科学会、日本消化器内視鏡学会、日本肝臓学会、日本大腸肛門病学会などの認定施設・指導施設となっており、レベルの高い医療をご提供できる体制を整えております。

消化器センター センター長 小西 文雄

 消化器センターの特徴
消化器内科では早期胃癌、早期大腸癌の内視鏡治療、内視鏡的な胆道系の結石の摘除や胆管狭窄へのステント治療などが特徴的で、外科では腹腔鏡手術が多くの件数があり、患者さんにとっては傷が小さく、回復が早い、術後の痛みが少ないことから従来の開腹手術とは違って経過が良好な治療法だと言えます。
近年、高齢者の手術が非常に増えており、脆弱な方や合併疾患のある方に対してアクティビティを高めるため術前リハビリを計画しております。
例えばフレイル(年齢に伴って筋力や心身の活力が低下した状態)テストが当院では特徴的で、おそらく日本の外科の中でもこのテストを行っている数少ない病院の一つです。
まず、問診から始まり日常生活のアクティビティを客観的に評価し、歩くスピードを測る(短距離)、握力を測るなどの単純な指標をおこない体の脆弱性の有無をテストすることが出来ます。
 対象疾患
食道、胃、肝、胆道、膵、小腸、大腸、肛門などの消化管から、肝臓、胆管、膵臓などの臓器腫瘍を主に扱っています。
大腸ポリープといった良性腫瘍なども対象となり、炎症性疾患、肝炎、胆石による胆管炎、膵炎、逆流性食道炎、痔核、痔瘻などの肛門疾患、炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病、感染性腸炎)など炎症性の疾患や良性の疾患も対象となります。
 専門分野
通常は臓器によって分けていることが多く、上部消化管、下部消化管、胆道系、肝臓、膵臓、それぞれ臓器に関しての専門性があります。

診療科・部門一覧へ戻る