オプトアウトについて

通常、臨床研究を行う場合は、文書もしくは口頭で説明し同意を得て実施いたします。
臨床研究のうち、患者さまへの侵襲や介入もなく診療情報等の情報のみを用いた研究や、余った検体のみを対象とする研究については、国が定めた指針に基づき「対象となる患者さまのお一人ずつから直接同意を得る必要はありません」が、研究の目的を含めて、研究の実施についての情報を公開し、さらに拒否の機会を保障することが必要とされております。

このような手法を「オプトアウト」と言い、当院での一部の臨床研究をオプトアウトの手法で行っています。
なお、研究への協力を希望されない場合は、総合案内(1階医事課窓口)までお知らせください。

 NCD(一般社団法人National Clinical Database)外科手術・治療情報データベース事業
本事業は、日本全国の手術・治療情報を登録し、集計・分析することにより医療の質の向上に役立て、患者さんに最善の医療を提供するために利用されます。
当院では、外科(消化器・乳腺・呼吸器)・循環器内科・心臓外科・小児外科泌尿器科(脳神経外科;JND)における手術症例について登録を行っています。
全国の医療施設診療科の情報を収集することで、手術を行っている施設診療科の特徴、医療水準の評価、適正な外科専門医の配置、手術を受けた方の予後、これから手術を受ける方の死亡・合併症の危険性などを明らかにすることができます。
また、これらの登録情報は匿名化され、患者さまに不利益が生じることはありません。
なお、登録については患者さまの自由な意思によりますので、拒否することが可能です。

詳細についてはNCD患者さま向け説明資料をご覧ください。

NCDについてのホームページはこちらからアクセスできます。http://www.ncd.or.jp/

 研究課題名:二次性骨髄線維症の実態調査
1. 研究の概要
二次性骨髄線維症と診断された方々を対象に、臨床情報の収集を行います。
*二次性骨髄線維症とは、真性多血症、本態性血小板血症、及び他の様々な疾患により二次性に骨髄が線維化をきたす疾患です。
本研究は、宮崎大学医学部内科学講座消化器血液学分野を主たる研究機関として実施する多施設共同研究であり、以下の研究体制で実施されます。
2. 目的
本研究の目的は、二次性骨髄線維症の臨床像について、その実態を調査することです。
この研究は、二次性骨髄線維症の治療に関連する新しい知識を得ることを目的とする学術活動研究として実施されます。
3. 研究実施予定期間
この研究は、倫理委員会承認後から2023年12月まで行われます。

詳細につきましては、臨床研究に関するお知らせをご参照下さい。

病院紹介一覧へ戻る