当科の特徴

整形外科は運動器の疾患を扱う診療科です。 身体の芯になる骨・関節などの骨格系とそれを取り囲む筋肉やそれらを支配する神経系からなる「運動器」の機能的改善を重要視して治療する外科で、背骨と骨盤というからだの土台骨と、四肢を主な治療対象にしています。

当科は地域の住民に密着した医療を提供することを基本とし、診療を行っています。整形外科は、高齢化に伴い需要が増加している科の一つです。Common disease には可及的に対応し、集学的アプローチを必要とするような疾患は大学病院等に紹介しています。結果として手術は骨折治療が中心であり、外来は腰痛・膝痛といった高齢者によくあり疾患の診療が中心です。骨折治療は当科が最も得意とするところであり、学会や雑誌等で常に最新の知見を得て、日々の診療に活かしています。

スポーツ傷害や交通外傷、労働災害などに代表される打撲、捻挫、骨折などの「外傷」は勿論のこと、変形性変化を伴う加齢疾患、骨粗鬆症、関節リウマチ、痛風、運動器の腫瘍、運動器の先天異常など先天性疾患など、新生児時から老年まで幅広い患者層を扱います。 (日本整形外科学会)

当科外来へ受診される方へ

当科では、急性期病院であるため病院でなければできない検査、診断、および治療を必要とされ、今後入院治療や手術を必要とされる患者さんを基本的な対象としています。 そのため外来通院での投薬、注射、あるいは物理療法(温める、電気をかける、牽引するといったいわゆるリハビリ)のみの患者さんはお近くの開業医の先生への通院をお願いしています。 当科では、外来診療時間は午前のみ(受付時間11時30分まで)となっており、原則午後の外来診療は行っていません。受付時間外に来院されても対応不可能の際にはご了承下さい。

診療科・部門一覧へ戻る