当科の特徴

小児科では、近隣の診療所・病院と連携して、地域のこどもたちの健全な育成に貢献できるように24時間体制で診療を行っています。私たちは子どもたちの成長をご家族とともに見守りながら、より良い医療を提供できるよう努めていきます。
  1. 平日午前は一般外来(発熱、感冒、胃腸炎、等の急性疾患)、午後は専門外来(神経疾患、循環器疾患、腎臓疾患、アレルギー疾患、内分泌代謝疾患)、乳児健診、予防接種など時間を分けて診療しています。
  2. 専門外来(神経疾患、循環器疾患、腎臓疾患、アレルギー疾患、内分泌代謝疾患)、乳児健診、予防接種は予約制(曜日固定)です。お電話でお問い合わせください。
  3. 夜間、休日を含め24時間の小児救急対応を行っています。
  4. 当院で出生した新生児の診察、早産児、病児などの周産期医療を行います。
  5. 専門・集中治療が必要な患者さんはご相談の上、専門・集中治療のできる医療機関へご紹介させていただきます。

専門外来(予約制)

■ 神経外来(月曜日午後/金曜日午後)
神経外来では、けいれん性疾患(てんかん、熱性けいれん、等)、言葉や運動の発達の遅れ、集団行動がうまくいかない、寝たきりなど障害がある、などのお子さんを診療しています。
■ 循環器外来(火曜日午後、榊原記念病院小児循環器科医師 矢崎諭)
先天性心疾患、不整脈、川崎病などの診療をしています。検査では心電図、心エコーなど対応しております。心雑音精査、学校検診精査なども対応しています。診察の結果、心臓カテーテル検査、手術が必要な場合には他施設と連携し診療を行っています。
■ 腎臓外来(月曜日午後/木曜日午後)
腎臓外来では、学校検尿における血尿、蛋白尿陽性者への精査、水腎症や膀胱尿管逆流症などの先天性腎尿路疾患の診断・治療、各種腎炎・ネフローゼ症候群の診断・治療などを行っています。
■ 内分泌代謝外来(第2水曜日午後、東京医科歯科大学小児科医師 鹿島田健一)
低身長(含む成長ホルモン補充療法)、甲状腺疾患(甲状腺機能亢進症、橋本病、先天性甲状腺機能低下症)、糖尿病、副甲状腺、下垂体疾患など内分泌疾患全般を診療します。専門医療機関と連携し各種内分泌学的検査および治療を行います。
■ アレルギー外来(第2・4水曜日、毎週金曜日)
食物アレルギー、アトピー性皮膚炎、気管支喘息などの診療を行っています。食物負荷試験(日帰り入院)も行っていますのでご相談ください。

入院に際してのお知らせ

お子さんの入院が必要と判断された場合は小児病棟(成人との混合病棟、部屋は別)に入院します。お子さんの入院に当たって、付き添いをご希望の場合はご相談ください(お部屋の都合でお受けできないこともありますのでご了承お願いします)。

救急外来時間帯について

平日(月曜日~土曜日) : 午前11時30分~翌日8時30分 休・祝日 : 全時間帯
■ 救急外来受診に際してのお知らせ
  1. 救急外来時間帯では検査・処置等は必要に応じて行っています。インフルエンザ等救急対応が必要でない検査は行っていません。また処方は1日分(翌日が休日であれば平日診療までの日数分)です。
  2. 診断書、練馬区病児保育センターぱるむ『病児病後児保育診療情報提供書』、学校提出書類、などは救急外来ではお受けできません。
  3. 小児外科の対応はできません。小児科受診後、他施設をご紹介させていただきます。

また、救急外来受診に関しての電話相談は受け付けておりません。受診するかどうか判断に迷う時は下記情報などを参照ください。

◎ 東京消防庁救急相談センター(24時間年中無休)
症状に基づく緊急性の有無のアドバイス、受診の必要性に関するアドバイス、など相談に応じます。
電話番号 (携帯電話、プッシュ回線から)#7119 (ダイヤル回線から)03-3212-2323
◎ 東京都『子供の健康相談室』
子どもの健康・救急に関する相談にお答えします。(電話相談ですので医師が診断等をするわけではありません)
電話番号 (携帯電話、プッシュ回線から)#8000 (ダイヤル回線から)03-5285-8898
◎ 下記のサイトもご参照ください
  1. 1. 日本小児科学会 こどもの救急

    http://www.kodomo-qq.jp/index.html
  2. 2. 東京都こども医療ガイド

    http://www.guide.metro.tokyo.jp/