当科の特徴

関節超音波検査を診療のツールとして活用しており、レントゲンでは分からない滑膜、軟骨、腱、靭帯の状態が評価出来ます。
現在のところ限られた病院でのみ行える検査ですが、今まで腱鞘炎と言われていた方が関節超音波によって関節リウマチと診断された例もあります。

膠原病を疑う症状がありましたら当科を受診ください。他院通院中の方は診療情報提供書を持参して頂くと診療が円滑に進みます。
症例によっては近隣病院、大学病院と連携を取りながら診療を行います。

このような症状があれば膠原病かもしれません

下記のような症状がありましたら、一度当科をご受診ください。

  • ・ 複数の関節が痛む。
  • ・ 運動もしていないのに筋肉が痛い。
  • ・ 原因不明の発熱が続く。
  • ・ 手足が冷え易く、手指、足趾が白くなる。
  • ・ 血液検査でリウマトイド因子、抗核抗体が陽性と言われた。
  • ・ 弱い日差しでも皮膚が赤くなる、発熱が出る。

膠原病とは

発熱、関節痛、筋肉痛、皮疹を来す自己免疫疾患の総称です。
総称ですので診断名ではないことに注意が必要です。
個々の疾患によっては上記の全ての症状が出ないこと、上記以外の症状が出ることにも注意が必要です。

 古典的膠原病
関節リウマチ、全身性エリテマトーデス、強皮症、皮膚筋炎、多発性筋炎、結節性多発動脈炎、リウマチ熱(リウマチ熱は自己免疫疾患ではないことが分かりました)。
 膠原病類縁疾患
混合性結合組織病、シェーグレン症候群、多発血管性肉芽腫症(ウェゲナー肉芽腫症)、顕微鏡的多発血管炎、アレルギー性肉芽腫性血管炎(チャーグ・ストラウス症候群)、大動脈炎症候群(高安動脈炎)、側頭動脈炎、リウマチ性多発筋痛症、アレルギー性紫斑病(シェンライン-ヘノッホ紫斑病)、ベーチェット病、成人発症スチル病、抗リン脂質抗体症候群、結節性紅斑、再発性多発性軟骨炎、線維筋痛症、RS3PE症候群、IgG4関連疾患(ミクリッツ病、後腹膜線維症など)、強直性脊椎炎、乾癬性関節炎、反応性関節炎(ライター症候群)、回帰性リウマチ、SAPHO症候群、掌蹠嚢胞症、好酸球性筋膜炎、サルコイドーシス、家族性地中海熱、高IgD症候群、痛風、偽痛風

診療科・部門一覧へ戻る