当科の特徴

救急:ER(救急室)において24時間体制で複数の専従医師が診療する体制です。東京消防庁からの搬送要請や他院からの転院要請に重点を置いて対応し、できるだけ迅速な診断をこころがけ、必要な治療をおこないます。また病院全体で救急医療を支えるというコンセプトのもとに関連の深い各専門診療科(総合診療科、循環器内科、消化器内科、脳外科、外科、心臓血管外科、整形外科、泌尿器科など)やコメディカルと十分な連携をはかり、傷病者の処置・治療にあたります。とくに重症者については救急室(ER)から集中治療室(ICU)あるいは手術室まで、よりシームレスな対応を行うことで全身状態の安定化に努め、「決定的治療」へとつなげます。

集中治療室:冠動脈疾患や各種ショックなどの重症救急患者に加えて開心術・大血管手術・開頭術をはじめとする大手術後についても全身管理・安定化をはかり早期回復に努めます。重症患者では数分〜数時間単位で全身状態が変化することが多く、即座の対応が必要な場合が多々ありますが、各専門科医師は外来、検査、手術、病棟業務など日々の業務で多忙なため、集中治療室に専従医が常在して即座の対応を行います。これにより診療の質の向上や各専門診療科の負担軽減に役立つと考えています。不安定な全身状態が適切な治療や全身管理により安定化し、ご家族の元に帰られるようになるまで回復することを願って日々の診療を行っています。

今後は地域の医療ニーズにさらに応えられますように、診療体制を強化していく所存ですので皆様なにとぞ宜しくお願い致します。

診療科・部門一覧へ戻る