医療関係者の方へ

地域連携相談センター
について

地域連携相談センターは「自院と他院・他施設をつなぐ部署」です。患者様がスムーズに医療機関へ受診・入院できるように、また医療機関から退院・転院することができるように、医療機関、介護施設をはじめ、行政や福祉に関わる多くの施設を繋ぐ役割を担います。 院外連携を成功させるためには、院内連携が欠かせません。 地域連携相談センターには院内連携の推進部署としての役割も求められます。

地域連携相談センターの役割

地域連携相談センターの役割は、大きく「前方連携(地域連携室)」と「後方連携(入退院支援室)」の2つに分けられます。「前方連携」とは、患者様が医療機関に受診・入院する際におこなう連携や検査予約等の連携をします。「後方連携」とは、患者様の退院後の生活を過ごしやすくするためにおこなう連携のことです。いずれにしても、患者様が適切な医療を受けるために病院間・病院診療所間の連携を促すのが、地域連携相談センターの役割です。 当病院にでは、これに加えて患者相談室、医療福祉相談室、がん相談支援室も設置されています。

業務内容

地域連携室

    • 地域の医療機関、行政、自治体、その他関係機関との連携・調整窓口
    • 他医療機関からの外来受診予約受付、各種検査(放射線・内視鏡)予約受付
    • 渉外活動、各種講演会等の開催窓口・調整
    • 他医療機関からの入院・転院依頼窓口
    • 外来(救外)から他施設への入院・外来受診調整

 詳しくはこちら

 

 

入退院支援室

1.医療相談:患者の療養上の様々な問題に対する相談、支援

  • 医療費や生活費についての相談
  • 福祉制度や社会保障などの活用についての相談
  • 退院支援スクリーニング
  • 退院支援・在宅療養支援
  • 入院患者の病院・施設への転院調整
  • 医療型ショートステイ受け入れ窓口
  • 医療機関からの受診・入院相談

 

2.ベッドコントロール

  • 各病棟の利用状況・空床数把握、入院・転棟および退院予定数の把握
  • 緊急入院の入院病棟の決定、転棟先病棟の決定
  • 当該病棟満床時の入院病棟の決定

 詳しくはこちら

 

 

患者相談室 

患者相談窓口では患者様およびご家族様からのご相談をお伺いしております。
ご心配なこと、お困りのこと、お気づきの点がございましたら、当窓口にお立ち寄りください。
ご相談内容に応じて、他部署と連携してご支援させていただきます。
ご相談を通じ、知り得た個人情報は関係部署以外では守秘するとともに相談したことで不利益を被ることがないよう配慮させていただきます。

【受付時間】月曜日~金曜日 9:00~16:00 / 土曜日 9:00~12:00(日・祝日・年末年始除く)

【場所】1F 地域連携相談センター内

 詳しくはこちら

 

 

医療福祉相談室

 患者様、ご家族様の入院や通院中の様々な問題(経済的なこと、福祉制度の利用、退院後の生活のこと等)について医療ソーシャルワーカーや看護師が医療と社会福祉の立場からご相談をお受けしております。相談を希望される方は医師または看護師にお申し出いただくか、直接医療ソーシャルワーカーまでご連絡ください。

 詳しくはこちら

 

 

がん相談支援室

がん相談支援室は、がん治療に関する不安や悩み、療養生活、仕事と治療の両立などについて看護師や医療ソーシャルワーカーなどが、電話や面談で相談に応じています。本人や家族だけでなく、地域の方々も利用することができますので、お気軽に相談してください。個人の病状や治療に関するご相談は、セカンドオピニオン外来で専門の医師が対応させていただきます。


セカンドオピニオンについて

セカンドオピニオンとは、医師の診断や治療法について患者様が別の医師の意見を求めることです。

他院へのセカンドオピニオンを希望される方は、医師又は看護師までお尋ねください。

 詳しくはこちら

 

 

関連リンク

(c)Copyright Japan Association for
Development of Community Medicine. All rights reserved.