総合診療科専攻医プログラム概要

当院では内科系緊急入院の大半を総合診療科で担当しており、各専門科と密な連携をとりながら患者さんにとって適切な診療を行っていきます。

病棟では、病棟医が急性期や重症疾患患者、あるいは終末期患者の診療を担当し、各専門科の協力を得ながら診断、治療を行っています。研修医は病棟専門医のチームの一員となり実際の診療に担当医として参加し、総合内科医としての基本的な診察技法、知識、技術を研修します。

また、総合内科医は内科初診外来を担当し、発熱、胸痛、腹痛などの急性期疾患や高血圧、糖尿病などの慢性疾患の初診診療や継続診療を行っています。研修医は外来担当の上級医のもとで主に初診診療を担当し、外来診療研修を行います。

さらに、当院は公益法人地域医療振興協会に属する全国の地域の病院・診療所と提携しており、地域医療の最前線で研修を行うことも可能です。

1.プログラムの対象者
  • ・3年目以降で総合内科医としての訓練を積みたい医師
  • ・3年目以降で、特に全身疾患を対象にする専門科(集中治療・感染症・リウマチ膠原病科・血液内科・内分泌科・家庭医療科・麻酔科)に進むことを考えている医師
  • ・他科スタッフクラスで改めてジェネラルの訓練を受けたい医師
  • ・今後地域にて診療を行うにあたり、総合医としての訓練を受けたい医師
    研修の中で、各種の検査の研修をオプションとし、それぞれの研修医が希望する研修を組み合わせることが可能です。
2.基本情報
プログラム責任者 総合診療科部長 藤原 直樹
現在の所属レジデント数

プログラムの特徴

専攻医へ戻る