専攻医を知る【メッセージ・よくある質問】|練馬光が丘病院
臨床医の基礎を築く。 医療と街の未来を守る。
LOADING

専攻医を知る

専攻医から
後輩へのメッセージ

  • 内科専攻医 2年目

    臓器に拘らずに診療を行う総合診療科は、現在の内科専門医プログラムにはピッタリだと思います。
    複数臓器にまたがってプロブレムを有する方、救急入院の多くは、総合診療科対応となりますので、内科専門医取得に必要な疾患の殆どは、総合診療科を研修すれば経験することができます。

    また、当院には内科系の各専門診療科もしっかりとそろっていますので、内視鏡や心カテなど専門的な手技を学びたい場合や、がんの診療をはじめとした専門性の高い治療を学びたい場合はそれぞれの専門診療科で学ぶことも可能ですので、サブスペシャルを決めている方にも適しています。

    毎年3ヶ月の地域医療研修では、地方の医療状況がどのようなものかを肌で感じることができ、地方では医師が不足していることを実感し、自分たちが必要とされているという充実感を得ることができます。また、実力がついてきていることを感じるとともに、学びは続くということを思い知らされます。専門医取得後のキャリアプランに関わらず、内科医を目指す方にはお勧めのプログラムです。

よくある質問FAQ

  • 特定の大学医局への入局が必要ですか?
    研修医の出身大学はどこが多いのでしょうか?

    不要です。研修医も含め、医師の採用に関して、出身大学や医局の条件などはありません。

  • 研修終了後、練馬光が丘病院で勤務を続けることは可能ですか?

    当院では随時、常勤スタッフ医師の募集をしています。
    また、内科専門医取得後に、当院が認定を受けている内科系サブスペシャル領域の専門医取得を目指して、該当診療科でサブスペシャル研修を継続することも大歓迎です。

  • 宿舎は無いのでしょうか?

    専攻医用の宿舎の用意はありませんが、賃貸料の半額(上限27,000円)が住宅手当として支給されます。

  • 内科専攻医
    練馬光が丘病院の内科専門医プログラムの魅力は何ですか?

    臓器に拘らずに全人的医療を提供する総合診療科を中心に、各専門診療科がそろった内科の体制が、専門医取得に必要な研修に適しているところです。

    総合診療科研修では、内科専門医取得に必要な症例の多くを経験することが可能ですし、さらに進んでいく高齢化社会において内科医に必要とされる知識・技能を十分に学ぶことができます。そのエビデンスに基づいた診療方針、豊富な教育メニューもお勧めできる点です。
    サブスペシャル志向の方にとっても、内科医として必要な知識・技能は共通ですので、総合診療科研修は非常に役立ちます。

  • 内科専攻医
    サブスペシャル領域の専門医を目指していますが、連動研修も可能ですか?
    また、専門診療科志望のものも応募できますか?

    当院では、多くの内科系サブスペシャル領域の教育施設等の認定を受けています(研修・教育施設一覧)。

    それぞれの領域にける専門医研修を、内科専門医研修と連動して、もしくは、内科専門医取得後に連続して行うことが可能です。当院の内科専門医プログラムは、サブスペシャル志向の方にも適していますので、もちろん応募いただくことをお勧めします。

  • 内科専攻医
    当直について教えてください

    当院の内科当直体制については初期研修の該当欄を参照ください。

    原則として、内科専攻医1年目は上級医と共に、2年目以降は単独で当直業務を行います。月3-4回程度の宿直と0.5回程度の日直が割り当てられます。

  • 麻酔科専攻医
    練馬光が丘病院の麻酔科専門研修プログラムでは十分な症例が確保できるのでしょうか?

    練馬区には72万人以上の区民が住んでいますが、300床を超える病院は当院を含めて2つしかありません。
    必然、当院には救急患者が多く、手術を要する患者も集まってきます。ほぼすべての外科系診療科がそろい、全身麻酔症例は年間1500件を超えます。

    特に心臓血管領域では、大動脈解離手術を多数実施しており、都内に12施設のみの緊急大動脈重点病院に指定されています。但し、小児外科は無いため、小児麻酔の研修は主に同じ地域医療振興協会に属する東京北医療センターで受けていただくことになります。

お使いのブラウザでは、当サイトが正しく表示されない可能性があります
Google ChromeMicrosoft EdgeSafariなどのブラウザの最新版でご覧ください。
なお、機器についての問い合わせについて当院は承っていません。
量販店、メーカーまでお問い合わせ下さいませ。