臨床医の基礎を築く。 医療と街の未来を守る。
LOADING

研修プログラムを知る

臨床研修プログラム

地域医療を担う人材の育成。
基本臨床技術の習得と
充実した地域医療研修。

経験豊富な医師が責任をもち指導。 地域医療振興協会で研修中の全研修医が集まる合同オリエンテーション、へき地医療セミナーなどによる他病院の研修医や指導医との交流機会も交えながら、3ヶ月の地域医療研修などを通じて地域医療への理解を深め、成長を支えます。

プログラム概要

1年次
2年次
練馬光が丘病院臨床研修プログラム
内科
研修期間
32週
実施内容
総合診療科グループ(総合診療科・糖尿病内分泌内科・腎臓内科・神経内科)、消化器内科、 循環器内科、呼吸器内科のローテーションが基本
外科
研修期間
8週
小児科
研修期間
8週
産婦人科
研修期間
8週
精神科
研修期間
4週
救急部門
研修期間
12週
実施内容
救急部および集中治療室(救急集中治療科)において実施
麻酔科
研修期間
8週
地域医療
研修期間
12週
実施内容
当該分野担当の協力型臨床研修病院ないし臨床研修協力施設の中から2-3施設を選択
選択科
研修期間
4~12週
実施内容
臨床研修病院群内各施設の受入可能診療科から4週を最短期間として選択
一般外来
研修期間
4週
実施内容
一般外来研修は内科、外科、地域医療、小児科の研修期間に並行研修としておこなう

臨床研修病院群を構成する他施設

  • 帝京大学医学部附属病院
    選択科(救急部門)担当
  • 成増厚生病院
    必修精神科担当
  • 国立精神・神経医療研究センター
    必修精神科担当
  • 東京北医療センター
    選択科(内科、外科、小児科、産婦人科、麻酔科)担当
  • 東京ベイ・浦安市川医療センター
     
    選択科(救急部門、集中治療科)担当
  • 台東区立台東病院
    選択科(内科)担当
  • 地域医療振興協会所属の33施設
    必修地域医療研修担当

プログラムの特色

  • 内科研修
    総合診療科でのプライマリケア・総合的医療と臓器別診療科での専門医療の双方が習得できます
  • 救急研修
    専従医が成人救急の全初療を担うER型救急体制の救急部において、救急患者の診断・初期治療・その後の方向性決定(入院を要する場合は、各科に引き継ぎます)を習得できます。
  • 地域医療研修
    地域医療振興協会が全国に運営する地域中核病院、離島・僻地診療所などでの合計3ヶ月の研修を行い、本格的な地域医療を理解し、学ぶことができます。
S U M M A R Y
練馬光が丘病院は、東京都練馬区における救急・小児周産期・災害医療の基幹病院としての役割を果たしつつ、地域医療連携活動に注力する急性期総合病院です。当院での研修では、豊富な救急疾患をはじめ、common diseaseから高度専門医療を必要とする疾患まで、多彩な症例を経験し、学ぶことができます。また、ほぼ全診療科を揃えながらも中規模病院であるため、診療科間・職種間連携が良好であり、自由度の高い研修ができます。

ファーストキャリア 臨床研修医を知る

C A S E S T U D Y

専攻医研修プログラム

地域医療のエキスパート
日本の地域医療に貢献する専門医。

臨床経験2年以上の医師を対象とした、後期研修プログラムを運営。専門医資格の取得目的にとどまらず、「日本の地域医療に貢献できる専門医」の養成を目標としています。

内科専攻医研修プログラム

プログラム概要

練馬光が丘病院内科専門医研修プログラム
研修期間
3年間(原則として、基幹施設2年間+連携施設・特別連携施設1年間)
研修スケジュール
1、2年次
練馬光が丘病院研修9ヶ月+連携施設・特別連携施設で地域医療研修3ヶ月
3年次
練馬光が丘病院研修6ヶ月+連携施設・特別連携施設で地域医療研修3ヶ月+高次機能連携施設研修3ヶ月

専門研修病院群を構成する他施設

高次機能連携施設
  • 自治医科大学附属さいたま医療センター(埼玉県)
  • 東京大学医学部附属病院(東京都) 
  • 東京北医療センター(東京都) 
  • 東京ベイ・浦安市川医療センター(千葉県)
  • 横須賀市立うわまち病院(神奈川県)
地域医療研修施設
  • 市立恵那病院(岐阜県)
  • 石岡第一病院(茨城県)
  • 上野原市立病院(山梨県)
  • 台東区立台東病院(東京都)
  • 東京都神津島国民健康保険直営診療所(東京都)
  • 村立東海病院(茨城県)

プログラムの特色

  • 当院での研修中は、総合診療科、もしくは希望する専門診療科に所属します。
  • 総合内科的視点の修得は、内科専門医として非常に重要であること、総合診療科では内科専門医取得に必要な症例の多くを経験可能であることから、総合診療科研修を基本として、専攻医の希望や研修の進捗状況によって専門診療科研修を調整します。
  • 各年次3ヶ月間の地域医療振興協会内施設における研修では、地域医療の理解を深めるとともに、それまでに学んだことの実践を通した確認、次の課題の明確化を行います。
  • 3年次に行う研修施設群内の高次機能施設における研修では、研修修了に不足する経験がある場合はそれを補い、練馬光が丘病院とは異なる環境での医療を経験します。
  • 当院は多くの専門診療科(サブスペシャル)領域の認定・教育施設となっており、専門診療科志望の方については、専門領域の並行・連動研修も可能です。

麻酔科専攻医プログラム

プログラム概要

練馬光が丘病院麻酔科専攻医プログラム
研修期間
4年間
研修スケジュール
1、2年次
練馬光が丘病院
3、4年次
練馬光が丘病院+東京北医療センター(小児麻酔研修)、希望により自治医大さいたま医療センター、聖マリアンナ医科大学でのペインクリニック、集中治療研修を検討

プログラムの特色

  • 心臓血管外科・脳神経外科・呼吸器外科・産婦人科・消化器外科・整形外科・泌尿器科・耳鼻科・眼科の麻酔経験によって専攻医に必須な知識・技能をバランスよく取得することが可能です。
  • 小児症例については、連携する東京北医療センター、自治医大さいたま医療センター、聖マリアンナ医科大学などで十分な経験ができます。
  • ベテラン指導医による研修修了後には、どこでも、いつどんな状況でも、麻酔科専門医として自信をもって対処できるようになります。
  • 麻酔・手術に関係する機器・薬剤については他施設に引けを取らないように常にアップデートを心がけています。
  • 地域医療振興協会は国内外に発展してきます。私たちは、単に手術室内のみの業務にこだわるのではなく、地域医療・総合医療を麻酔科医の視点から応援していきたいと考えています。

臨床研修終了後のキャリアステップ 専攻医を知る

C A S E S T U D Y

地域医療振興協会の
研修サポート

  • 地域医療振興協会臨床研修センター

    地域医療振興協会では、全国に9施設の基幹型臨床研修病院(練馬光が丘病院、東京北医療センター、東京ベイ・浦安市川医療センター、横須賀市立うわまち病院、横須賀市立市民病院、伊東市民病院、市立奈良病院、市立大村市民病院、三重県立志摩病院)を有しており、臨床研修センターが統括しています。また、各専門領域の後期研修プログラムについても、それぞれの連携の調整などを行っています。
  • 地域医療振興協会シミュレーションセンター

    千葉県浦安市にあるシミュレーションセンターには、多彩なシミュレーターが設置されており、BLSはじめ多くの講習会が開催されています。
お使いのブラウザでは、当サイトが正しく表示されない可能性があります
Google ChromeMicrosoft EdgeSafariなどのブラウザの最新版でご覧ください。
なお、機器についての問い合わせについて当院は承っていません。
量販店、メーカーまでお問い合わせ下さいませ。