宗教的理由等による輸血拒否に関する当院の方針

当院では、輸血を行わずに治療ができるよう最大限の努力をしております。しかし、輸血によって救命・生命維持の必要性があると医師が判断した場合には、輸血を実施するという方針で対応させていただきます。(相対的無輸血の方針)

信仰上の理由等により輸血を拒否される患者さまは、治療を行わず転院をお勧めいたします。また、輸血拒否をする患者さま又はそのご家族(1親等の親族)より免責証明書・信仰上の理由による医療に関する継続的委任状・絶対的無輸血治療に関する同意書等は受理いたしませんし、署名もいたしません。(絶対的無輸血の拒否)

ご理解、ご協力のほどお願いします。

外来のご案内一覧へ戻る