精神科プログラム概要

当科は総合病院無床精神科として「東邦大学医療センター大森病院 精神神経科(メンタルヘルスセンター)」を基幹施設とした専門研修プログラムの一端を担っています。

専攻医は精神科外来患者のほか、身体科一般病棟入院者における各種精神失調、意識変容についても実践的に学びます。入院者によってはアルコール離脱も生じます。そうしたリエゾン・コンサルテーション精神医学の現場を通じ、他科医や患者家族・縁者とのコミュニケーションスキルを高めます。

外来診察では、感情障害、パニック障害、「神経症」圏、精神病性障害、各種睡眠障害、認知症関連病態、「発達障害」を背景にした各種精神失調、その他を幅広く経験します。地域の非心療系医療機関との交流も多いため、そこに端を発する向精神薬の副作用の出現とその対処方法を体験できます。また、当科では対応が困難な症例を地域(身体科かかりつけ医や行政)と協力しながら、適切な心療機関へと誘導する橋渡し役も務めます。

勤労者のうつ病治療では社会における産業保健の実際を理解します。強迫性障害やパニック障害で生活支障をきたしている症例ではより典型的に、向精神薬と精神療法の連携的作用について学びます。

専攻医は精神科領域専門医制度の研修手帳にそって専門知識を習得していくことになりますが、精神医学・精神科医は「意識」「主観性」を取り扱う独特の知識体系・職種でもあります。

知識としての技法を、「こころ」や「生活」「歴史」を抱えながら生きる「ひと」一人ひとりに臨床応用するというのはどのようなことがらなのか。独自な一人ひとりを尊重できる、単なる技術職におわらない、心理的援助者たる精神科医という在り方を身につけられるよう当科では専攻医を見守っています。

精神科科長 當間 実名雄

専攻医(新専門医制度)へ戻る