泌尿器科プログラム概要

当院泌尿器科は「東京慈恵会医科大学専門研修プログラム」の連携施設となっております。このプログラムでは、基幹施設である東京慈恵会医科大学において高度な医療に携わり標準治療や先進医療を学ぶとともに、地域医療を担う連携施設での研修を経て、診療・教育・研究に貢献する泌尿器科専門医の育成を行うことを理念・目標としております。

その中で泌尿器科専門知識や専門技能(診察・検査・診断・処置・手術など)を習得し、継続的な科学的探究心、倫理観と医療のプロフェッショナリズムなどの資質を備えた泌尿器科専門医を目指します。

基幹施設は、東京慈恵会医科大学付属病院であり、連携施設はその他の同大付属3病院(葛飾・第三・柏)の他、国立がん研究センター中央病院・国立成育医療研究センター・東京都リハビリテーション病院・JR東京総合病院・立正佼成会付属佼成病院・町田市民病院・厚木市立病院・さいたま北部医療センター・富士市立中央病院・亀田総合病院・九段坂病院および当院となっております。プログラムの4年間の研修においては、1年次研修病院を基幹施設で、また2・3年次研修病院を連携施設で、また4年次には再度基幹施設での研修といった基本計画が組まれています。

連携施設の中には、豊富な悪性腫瘍症例数の研修・ロボット支援手術の研鑽が可能な国立がん研究センター中央病院、小児泌尿器科の知識・技能の習得が可能な国立成育医療研究センターが含まれており、その他様々な特色を持ち合わせた関連施設でのローテーション研修が可能です。

当プログラム詳細については東京慈恵会医科大学・泌尿器科学講座ホームページ(http://jikei-ur.umin.jp/)をご参照ください。

当院泌尿器科は、現在常勤医2名(泌尿器科専門医2名 うち指導医および腹腔鏡技術認定医1名)の体制で、副腎・腎・泌尿生殖器の良性・悪性・閉塞性疾患に対して、年間20-25件ほどの腹腔鏡手術を含む300例以上の手術を施行している施設であります。しかし、小児泌尿器科領域の処置・手術や、尿路結石破砕手術には今のところ対応しておらず、これらは別の連携施設での研修を要することになります。が、今後上記体制から、泌尿器科常勤医増員・手術件数増加の他、新病院建設などを予定しており、泌尿器科研修もより充実させて参ります。ご興味のある先生方は是非、東京慈恵会医科大学・泌尿器科学講座ホームページや練馬光が丘病院ホームページをご参照いただければと存じます。

泌尿器科部長 成岡 健人

専攻医(新専門医制度)へ戻る