DPCとは

練馬光が丘病院は、平成28年4月1日より厚生労働省が指定する「包括評価方式(DPC)」という医療制度での請求を実施する病院となり、入院費の計算方法が変更となりました。

DPCとは、従来の診療行為ごとに計算する「出来高方式」とは異なり、病名とその症状・治療行為をもとに、厚生労働省が定めた1日あたりの金額からなる包括評価部分と出来高評価部分を組み合わせて計算する方式です。

DPC医療費=包括評価の医療費+出来高評価の医療費+入院時食事療養費
包括評価の医療費=国が定める1日当たりの点数×入院日数×医療機関別係数(※1)

※1 医療機関別係数は、病院の機能や看護配置等に応じ病院ごとに設定されます(国が設定)

包括評価方式(DPC)のQ&A

なぜ、包括評価方式が導入されたのですか?

医療の標準化を推進するためです。全国共通の診断群分類により診療行為を比較することで、地域又は病院間で格差のある診療行為を適正化し、医療の質を向上させることが可能となります。

いつから計算方法が変わりますか?

平成28年4月1日以降に新たに入院される患者さまが対象となります。なお、平成28年3月31日以前から入院されている患者さまにつきましては、2ヶ月間は従来の出来高方式で計算し、6月1日より「包括評価方式(DPC)」となります。

DPCの対象となる病気でも出来高方式で計算してもらえますか?

厚生労働省の定めにより、DPCの対象となる病気は出来高方式の計算はできません。

DPCになると、入院費は高くなりますか?安くなりますか?

患者さまの病名と診療内容によって1日あたりの医療費が決定するため、高くなることも、安くなることもあります。

すべての入院患者さまがDPCの対象となるのですか?

すべての入院患者さまが対象となるのではなく、病名や診療内容によって「包括評価方式」に該当する場合に対象となります。診断群分類がこの評価方式のいずれにも該当しない場合や、医療保険(後期高齢者保険を含む)以外(例:労災、自賠責、治験、自費等)により入院された場合等には、従来の「出来高方式」により医療費を計算します。

入院中に病名が変更になった場合はどうなりますか?

入院期間で「最も医療資源を投入した病名」により1日当たりの包括医療費が決定されます。そのため入院経過(検査結果や治療状況等)により病名の変更が生じた場合、入院初日に遡り医療費の計算をやり直しますので、請求額が変動することとなるため、退院時に差額調整をさせていただく場合があります。

高額療養費の取り扱いはかわりますか?

高額療養費の取り扱いは従来と変わりません。

入院中の食事代はかわりますか?

従来とかわりません。

入院のご案内一覧へ戻る